科目等履修生
本日は科目等履修生試験であった。中央大学の理工学部で在学中に中高の教員資格をとることができるのだが、在学中にとりきれなかった人、卒業後改めて教員資格をとりたい、という人はこれになって資格取得を目指す。基本的に書類選考が多いのだが、卒業して時間がたってしまった人などは卒業生でも面接をする。教員資格は取得しても教員の採用が無くて教員になれないという時代が長く続いたが、退職者が増えたせいなどでにわかに就職口が増えているため、受験生も増えている。しかし、教員はやっぱり、責任が重い職業だし、いいかげんな気持ちで志望するようなものではないと思う。教員を目指すからにはそれなりの決意をもって目指してほしいと思う。



Posted by tag 22:06 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)