HiT-MDS その2
Hit-MDSの彼にメイルしたら早速返事が来た。どうも、彼氏も周囲に「受け」なくて困っているらしい。どうみても日本で言えば助手以下の若手のようだし、自分の意志でやっているとしたら、受けないのも無理はないだろう。僕や大野さんがやっても全然注目されないようなことを若手がぽつんと一人でやっても厳しいよね、きっと。できるだけ勇気づけてあげよう。



Posted by tag 23:59 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
カーネル法
カーネル法nMDSの関係についていろいろ悩む。同じ非線型変換だがカーネル法はなんでもできるが、逆に、制限無さ過ぎでうまく行ってもカーネル法が無理矢理正しい結果を出してしまっただけかもという疑念が拭えない。nMDSは恣意性が低いが、できないことも多い(例えば、馬蹄形を直線に伸ばしたりはできない)。しかし、世間のはやりはカーネル法だ。うまく行けばなんでもいいということじゃないだろうが、うまく行かなければどうしようもない。カーネル法について勉強不足なだけかも。経験をつまないといけないのかもしれない。しかし、時間がない。



Posted by tag 10:53 | 研究会 | comments (0) | trackback (1)