部門長賞受賞

今日は大変うれしいことがあった。いっしょに研究している企業の人が「部門長賞」というものを受賞したそうである。彼は、僕といっしょに研究していると言っても、業務とは直接関係ない内容を自分の余暇をつぎこんで研究している。研究成果を僕と発表するときも「会社名は出してはだめ」ということで、大学名で講演していたりした。勿論、会社側は理解があって、僕も直接「部門長」さんにお会いして「○○をよろしく」とか言われたりしているから、業務では無いとは言っても彼が僕と研究することは公認ではあるのだが、それにしても到底、金儲けとは縁もゆかりもなさそうなこんな研究に「部門長賞」をくれるなんて、なんと太っ腹な会社なんだ。感心してしまった。





Posted by tag 16:30 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
Bioinformatics 論文: 時系列部分解析で遺伝子発現度をみる

Bioinformatics誌に遺伝子発現度の時系列データを解析するときには部分列を見た方が良いよ、という論文が掲載されている。言われてみればその通りかも。だんだん、「各論」の論文が増えていく中でもまだまだこんな一般論が掲載されるとちょっとほっとする。



yo







遺伝子発現度の時系列データの解析一般のレビューとしてはこれがあげられている。このレビューは33ページと短いけど、よく書けているな。これがレビューの著者のページ。まだドクターの学生なのか。しかも、目のさめるような美人だし。才色兼備とはこのことだな。このレビューの著者の所属ってSensing, Imaging and Signal Processing Groupなんだよね。要するに、生物学者じゃない。Bioinformaticsに論文を投稿したときに「生物学的な意味は何か」としつこく聞かれて困惑したけど、確かにこういうのりの人が方法だけでどかどか論文書いたら生物学の論文がのっとられちゃうよね。この人は参加しているコンファレンスも全然生物系じゃないし。だけど、The title of my Phd
is "Modelling and Clustering of Gene Expression Time-Series". なんて平気で書いちゃうんだよなあ。これってやっぱり、問題かも。おまえはなんなんだ、と言われそうですが、僕は一応、「生物学」に興味あるつもりなんでいっしょにしないでね。





Posted by tag 16:00 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
Laub氏のセミナー感想

昨日はLaub氏のセミナーに参加(教授会はサボりました。関係者の皆さん、すみません)。自分の研究に非常に近い内容で大変に楽しめた。博士号を取得したばかりの若い人で、もともと量子カオスをやっていた人、とのことで議論も楽しかった。内容的には、半非計量的なMDSを用いてノイズ除去をする、という話と、PCAしたときの負の固有値の固有ベクトル(彼はこれをmetric violationと呼んでいた)をあえてみる、という内容だった。前者はnMDSでそのままできそうだったし、後者はnMDSで非類似度の符号を反転させて埋め込めば、いいと思う。残念ながら、彼は量子カオスの分野に戻るようだが、非線型と統計科学は本当はもっと関係があるはずなので、これからこういう若い人がどんど出てくるのだろうなあ、と思った(日本には絶対、いないだろうけれど)。その後は伊庭さんとKCCAなどについて議論をかわして大学に戻った。珍しくアカデミックな一日だった。毎日こうだったら楽しいのにな。





Posted by tag 10:19 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
中央大学 理工学部の授業評価(みんなのキャンパス)

こんなページがあるのをご存じだろうか? 全部を見ようと思うとユーザ登録が必要だが、学部別に講義の評価がかかれている。 しかし、自分の講義の評価(ユーザ登録しないと見られません)を見ても思うのだが、本当に情けないくらい、「単位が取りやすいかどうか」しか書かれていない。これじゃあ「授業評価」じゃなくて「単位取得マニュアル」だよな。こんな連中は正直言って大学来ても仕方ないと思う。みんな、何しに大学に来ているんだろうか?こんな連中がいく大学のために私学助成とかしても、正直言って税金の無駄遣いだと思う。少なからずいるはずのまじめな学生が本当に可哀想だ。こんなものを見たら世の中の人は「大学生はこんなことしか考えてない」と思うに決まっているから。
それにしても、このページはいつからあるのだろうか?ごく最近できたような気がする。定期的にgoogleで検索しているがこんなページはヒットしたことが一度も無いから....。





Posted by tag 10:09 | 日記 | comments (0) | trackback (0)