放置質問(続編)

質問放置の件で当該人物がWEB日記上で詫びを入れているのを発見する。公開日記なんだから誰が読んでもおかしくはないが、まさか、彼が僕なんかの日記を読んでいるとは思わなかった。うかつであった。彼が非常に忙しいのは解りきっていたのだから、(長く待てないなら)最初から質問するべきじゃなかった。すみませんでした。いずれにせよ、当該研究は別のファクターで停滞中。





Posted by tag 13:10 | | comments (0) | trackback (0)