本当に講義

今日から本当に講義である。これほど気の抜けた講義をするのも久しぶり。夏休みは研究ばっかりしてたからなあ。「教育の合間に細々研究」という昨年までのありようとは様変わり。こんなに気の抜けた講義をするとやっぱり、失敗して酷評されるのだろうか(って、今までだって懸命にやっていたわりには評判が良かったわけではないが).どうなることやら。



講義後に付記:結果からいうと「気を抜いても変わりませんでした」(去年のアンケート今年のアンケート)。やっぱ、いままでが気張りすぎだったか...。





Posted by tag 10:19 | | comments (0) | trackback (0)