砂論文刊行

ここで触れた砂の論文やっと公開されたようだ。Springerは丁寧で、いちいち「お前の論文は刊行されたよ」とメイルをくれるようだ。公開された、と言ってもうちの大学はこの雑誌を購読していないから、読むことは出来ない。ここでプレプリを読んでもらうしかない。刊行されるまで実に長くかかった。ほぼ、1年半だ。この論文はおそらく、砂論文としても、学生と書く論文としても僕の生涯最後の論文になる、という意味では感慨深い。





Posted by tag 10:24 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
本の執筆

この件だが(Book on Bioinformaticsじゃ無い方)、冒頭部分(全体の1/10以下)を書いて送ったところ、この方針でOKという評価を頂いてしまった。本当にこれでいいのかどうか非常に自信がないが執筆依頼した当人がいいと言ってるのだからいいのだろう。あとはひたすら書きまくるのみ。





Posted by tag 07:51 | セミナー | comments (0) | trackback (0)