講義アンケート

めったに無いほどいいことばっかり書いてある講義アンケートだったので記念に、ここにはっておこう(勿論、普段は苦情ばっかりで、落ち込むことが多いです。念のため)。





Posted by tag 20:12 | | comments (0) | trackback (0)
生物にみられるパターンとその起源

松下さんがこんな本を書いているを発見。彼も手広いなあと感心する。NIBBの主催者の望月さんが共著者にしっかり入っている。彼もすっかり有名人だな。





Posted by tag 19:15 | セミナー | comments (0) | trackback (0)
Research Seminar

自分の論文がこんなところで使われているのを発見する(10/25の回)。毎週、各自が2編ずつ論文紹介をしているようだが、これはなんなんだろうか?日本の卒研ゼミ、みたいなもんか?Instructorは若そうな見た目の女性の
Assistant Professor だ。日本で言うとむしろ、「演習」なのかな?それにしてもこれはどうも「学部」の授業らしい。学部の授業で僕らの論文を読んでるなんてうちの大学じゃなかなかありえないレベルの高さだ。そんなに有名そうな大学でもないけど...。





Posted by tag 19:01 | | comments (0) | trackback (0)
Nature 論文:利他行動

ちゃんと読んでから書こう、とか思うと結局書けないので、いま書いておく。Nature 10/27号には利他行動についての最近のレビューが掲載されている。利他行動は、ハミルトンらによって血縁がある場合には意味があることが解明され、次に、何度も繰り返すことで赤の他人とでも、意味があることが示された。残された問題は「なぜ、人間は、二度と会わないだろう他人にも親切にするか?(例えば、道を聞かれれば教えてあげるし、親切な人ならそこまで連れていってあげるだろう)」という問題である。これはindirect reciprocityと言って、(間接的な互恵とでも訳すのかな?)不特定多数に親切にすることで、自分が初対面の人に親切にしてもらえることが保証される、という仕組みで維持されているらしいことが解ってきた(らしい)。同じ号にはチンパンジーは自分が損しない状況でも他人には親切にしないという報告も載っており、興味深い。人間にもっとも近いはずのチンパンジーがこれほど人間と対照的だとは。これこそが、実は、我々とチンパンジーの差なのかもしれない。





Posted by tag 01:21 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)