論文公開
Bioinformaticsに掲載予定の論文のtoll free linkというものがメイルで通知されてきた。誰でも中身が読めるようにするためのもので昔の別刷の代わりだとか。しかし、こんなの著者に配りまくってしまったら、誰も論文誌を読まないのでは?とかいうのは杞憂なのか...。



Posted by tag 22:21 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/168
トラックバック