Bioinfromatics 論文
Bioinfromaticsに対応分析でケース分類という論文が掲載されていた。というか、まあ、あたりまえの結果しか出てないようにも見える。nMDSで同じことをやったとして、意味はあるのか?
追記:やっぱやってみたけど、同じだよなあ。



Posted by tag 20:24 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (1)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/189
トラックバック
対応分析でケース分類 : 続報
これの件だが、ようやくうまく行った。nMDSでできることを確認。実に簡単な話だっ


Posted by tag's diary | 05/03/02 22:00