Nature 論文:眼球運動
Nature 3/17 号に眼球運動で視覚認知を議論する論文が掲載されている。ごちゃごちゃした背景にマークが埋め込まれている場合に、どこにマークがあるか探すわけだが、はっきり見える網膜上の部位は限られているから、どう目を動かすと最適か、ということが問題になる。この論文ではベイズ統計で議論しているが、理想的なベイズ統計は使っていないものの、似たようなことにはなっている。認知にベイズ統計という論文はよくあると思うが、実際に統計を使う機能が進化するというのはなかなか面白いと思う。



Posted by tag 17:47 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/232
トラックバック