ポケモンはガン遺伝子?
「ポケモン」という名称をガン遺伝子に使った件で裁判が起きているようだ。



Nature 2005/12/22号にはPokemonという遺伝子がガンに関係あるという論文が書かれたためにゲームのポケモンを制作する側から「イメージが悪くなるのでその様な名称を使っては困る」という苦情が出て、最終的に裁判になったという(記事)。これをどう考えるかは難しい。「商業主義によるアカデミズムに対する干渉だ」と思うのか、「ガン遺伝子にそんな名前をつけた方が不見識」と見るべきか。どうやら、この問題の影には「人目に付きやすいキャッチーな名前を遺伝子につけた方が有名になれる」という研究者側のちょっとあざとい事情もあるそうだ。もし、そうだとすると、これもまた「いきすぎた業績主義」の行き着く先なのだろう。

Posted by tag 13:32 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (x)
コメント
コメントする