微生物ゲノム研究のフロンティア
今日、明日は微生物ゲノム研究のフロンティアに参加。



非常にインフォーマルな雰囲気で気に入った。今年は、ポスターを公募して、その中からオーラルを選んだそうで、本当に面識がないみたいで座長がスピーカーの名前が読めなかったりして面白かった。どうも、来年から「日本微生ゲノム物学会」とかいうのを立ち上げたいようで、今回のポスター公募はその布石らしい。どんどん、新しい研究会や学会ができていくこの分野はうらやましいな。参加者も女性や若者が多い。若い分野だということが実感できる。僕もポスターをやったが、場違いだから誰も来ないかと思ったら、共同研究の申し出があって驚く。どうもその人の共著者の東工大の院生が僕の研究を知っていて、よく話を聞いて来いとその人に言ったらしい。しかし、私はどこでその「東工大の大学院生」と知己を得たのだろうか。よく覚えてない。いずれにせよ、ありがたい事だ。何か結果がでたら、このブログでも報告していきたい。
オーラルはまず、メタゲノム関係の講演がずらずら並ぶ(プログラムはここ)午後は違う分野。竹安さんの講演は一分子可視化の計測をつかって染色体の折りたたみを計測。迫力がある。


Posted by tag 09:06 | | comments (0) | trackback (x)
コメント
コメントする