バイオインフォマティクス技術者認定制度
卒研のテキストだったゲノム2もそろそろ読み終わる



(今年の卒研生は非常に真面目だった)ので、次のネタを考え始める。どうしても「数理的」なところに行かないといけない。1stVTWBを僕の意訳付きで見せてみたが、ちょっと集中力が保てない模様。で、バイオインフォマティクス技術者認定制度の過去問を人数分とりよせて配ってみた。目的がある方がいいかなとも思ったが、ちょっと卒研生にはレベルが高すぎかもしれない。主成分分析、重回帰分析とかの説明が並んでいて「間違っている物を選べ」なんていうのまである。こんなことぼくがやっと大学院講義でやっているレベルだから無理がある。
大体、自分も満点かというと怪しい。特にデータベース関係がだめ。
疾患に関係した遺伝子を検索するときにアミノ酸の変異と立体構造を考えて、検索するのにもっともふさわしくないデータベースは(五者択一)?
なんて言われるともうだめである。難しいなあ。


Posted by tag 22:13 | | comments (0) | trackback (x)
コメント
コメントする