第15回 今春の物理入試問題についての懇談会
に参加(昨年分のHPはここ。今年の分はない)。



これは、日本物理教育学会入試検討委員会が毎年行っているもので今年で15回目とか(僕は始めての参加)。参加大学は工学院、上智、中央、早稲田、千葉、電通大、東工大、東大、農工大、横浜国大、首都大学(慶応、青山は欠席)。昔は「大学入試の奇問、難問にもの申す」会だったのだろうけど,最近は少子化で大学の定員割れが問題になるご時世で、入試に奇問をだす余裕のある大学も少ない。懇談会後の飲み会でも「指命は終わった」との声も聞かれた。これからは、もっと建設的な学習指導要領、理科啓蒙、など政策的な運動にシフトしていかんといけないのだろう。

Posted by tag 22:11 | | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/648
トラックバック