Statistical Physics Approaches to Biological Problems (AAPPS)
AAPPSの表紙に「系統樹」が刷り込まれているのを発見。




Highlight of the Issue:が"Statistical Physics Approaches to Biological Problems"なのだそうだ。初っ端が生物物理みたいのじゃなくて"Simple Markov Subtraction Essentially Improves Prokaryote Phylogeny"だというのもうれしい。外国じゃあこういうことやっても「物理」だと言えるようになってるんですね、日本の物理学会は例によって閉鎖的で遅れているけれど。日本も早くこうなってくれると「田口研の卒研希望者ゼロ」とかいうような悲惨はことが無くなっていくんだろうなあ。

Posted by tag 12:18 | 書籍・雑誌 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/662
トラックバック