Who's Who in Science and Engineering
Who's Who in Science and Engineeringからは結局、"....Who's Who have selected your biographical profile for inclusion in the forthcoming 2006-2007 Edition..."という手紙が来る。


掲載されるとなると、はしたないとは思っても、やっぱり買ってしまうのが人情($200以上する)。3万人も掲載になっているそうだから、全員が一冊買えば、十分商売になりそうだ。中央大学は最近、教員のテレビ出演や受賞を大々的にHPで広報するキャンペーンをやっているようなので、とりあえず、広報に情報は流しておいた。これが広報に値するのかよく分かんないけどね。
Posted by tag 13:39 | | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/682
トラックバック