MBSJ forum DAY 2
MBSJ forum DAY 2


プレナリーセッションの前半は人工幹細胞というすごい話。4つくらいの因子を挿入すると生体の細胞からES細胞がつくれるという内容。これは物理学会だと総合講演に該当するのだが、こっちは非常に内容があり解りやすくて感動した。昼のランチョンセミナーでも講演するというので思わず、聞きに行ってしまった。後半はトヨタの重役が車の話をする。すごくおもしろかったけど、途中から内職してしまった。その後、賞の授賞式があり、上述のランチョンセミナーのあとはポスターを冷やかす。ほとんどのポスターにお客さんが群がっていて凄い。明日の学生のポスターに人が来なかったら僕の責任問題だな。困るなあ。
オーラルでは自分の発表、ほぼ全ての人が小山先生が講演すると固く信じており、座長まで「では小山先生お願いします」と言ったのは笑った。小山先生には一部解りにくいところがあったと指摘された。ごめんなさい。ただ、今後の研究の方向性はかなり明確になったと思う。データ処理だけでは論文にならないから、向こうの研究を待たないといけないけどね。午後のシンポは細胞周期制御機構とかいうのに出たが、内容はほとんどガン化の抑制の話だった。かなりこういう話になれてきて何をしようとしているのか随分と解るようになった。それにしても最近の可視化技術はすごいなあ。なんでもわかっちゃう。

Posted by tag 20:40 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/806
トラックバック