春の学会
春の物理学会(鹿児島)関係の講演などの日程が決まる


自分の講演:

18pTC-10
小山時隆,伊藤浩史,近藤孝男(名大理),田口善弘(中大理工)
シアノバクテリア概日周期の発光レポーターによる計測データの非計量多次元尺度構成法による解析

19aTC-8
M. Michael Gromiha(CBRC) Invited Talk
Biophysical approaches for understanding the folding and stability of proteins
(僕が提案した招待講演)

19aTC-12
田口善弘(中大理工),M. Michael Gromiha(生命情報科学研究センター)
アミノ酸残基使用頻度を用いたタンパク質フォールド予測

20pXJ-1
田口善弘(中大理工)
講義アンケートの解析XI

座長:18pTC(18日午後前半)


というわけでなんか結構、コミコミの日程となった。自業自得かな..。

Posted by tag 17:39 | 研究 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/816
トラックバック