小口先生宅訪問
僕の修論の指導教官である小口先生が昨年末に急逝されたので、お悔やみに伺った。


旧小口研関係者約10名で、先生のご自宅に伺った。僕は小口先生の最後の修論指導学生なので、ご自宅に伺ったことは一度も無かった。今の若い人は「小口武彦」と言ってもご存じないでしょうけど、物理学会の会長もされた、今はあまり盛んではないけど当時は隆盛を極めていた「スピン系」という統計力学の一分野の理論的な研究の世界的な権威の一人だった。ご冥福をお祈りします。
Posted by tag 21:22 | 日記 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/828
トラックバック