RECOMB poster その2,その3
これは卒研生の分(これこれ)。GIW2006の使い回しでもあり、また、首尾よく卒研生が院生になれれば、ですが。


RECOMBとGIW2006の参加者のオーバーラップはあまりなさそうなので、同じようなことを発表しても誰も怒らなそうだが、ポスターは参加者一人当たり2つまでなので、もし、彼らがいけなければ今回の2つは取り下げになる(僕としてはタンパク質のfold recognitionとシアノバクテリアの概日周期振動の研究の方を優先したい気持ちなので)。どうなるかな。
Posted by tag 16:54 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/837
トラックバック