ゲノム微生物学会 DAY 2
ゲノム微生物学会2日目

自分の講演。朝2だったが、缶詰めになっているせいか、非常に多数の聴衆がいてラッキーだった。座長は僕のことを「名古屋大学の田口さん」と呼び出していた。まあ、小山先生が呼ばれたときよりは、名前が正しかっただけ進歩だな。講演内容は周囲から完全に浮いていたが、深津先生がコメントしてくれて嬉しかったな。午前の後半と午後の前半をすっとばして岩崎先生と議論。シアノのマイクロアレイの実験ももっと真面目に研究せねば、という気持ちになった。そのほかにもいろいろ抽象的なこともいろいろ議論した。ポスターの時間には、某大学の院生さんがやってきて、共同研究をできるかもという感じになった。ミキサーでは、「Linux Japanに書いてましたよね」という意外な関係の方が来られて、いろいろ雑談をした。Linux Japanなんてこれも10年前なのによく覚えてるなあ。夕食で入ったラーメン屋ではまた深津先生と同席。非線型物理学者の知り合いがたくさんいるみたいで、いろいろ聞かれてしまった。とにかく、オーラルさせてもらったおかげでいろいろ知り合いもできた。小山さん、様々だな。ホテルのロビーでは南澤究先生(初日にエンドファイトの講演をされていた)に声をかけられて、シアノのことをKai遺伝子のことをいろいろ聞かれる。僕じゃあパープーでまったく返答不能なことを認識したので小山先生、岩崎先生にメイルでccして寝る。朝起きると、すでに三者の間で配列のやるとりまで済んで、議論がほぼ終わっていることに気づいて驚愕する。こうやってなんでもどんどん、話が済んでいくのだなあ。すごい時代だ。
Posted by tag 22:45 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする
     








この記事のトラックバックURL
http://www.granular.com/cp-bin/blognplus/tb.php/865
トラックバック