J大理工学部改組
J大学の理工学部が改組されて、「人間」「情報」「環境」をキーワードとする3学科に改組されるという(計画が議論されているという)うわさを耳にする。この大学の理工学部には「物理学科」もあるわけで、これでまた「物理」学科が一つ、消滅する。アメリカにいる知り合いの大学では、物理学科は工学部でも最低の成績だそうで(志願者が?)、この話をきいても「驚かない」とのこと。日本にいくつ、「物理学科」は残るのだろうか?



Posted by tag 12:29 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
21C COE 国際シンポジウム (続報)
ここでお知らせした研究会の正式のアナウンスがネットで流れています。昨日、あったら東大の佐野さんのところにも連絡が来てないようなこといってたけど、やっと広報できるようになったのかでしょうか。



Posted by tag 11:15 | 書籍・雑誌 | comments (0) | trackback (0)
佐野研セミナー
本郷の佐野研のセミナーに参加。生物の人が(しかも実験),非線型物理の研究者とみまごうようなきれいな研究をしていて驚く。どっちかというと、ちょっと前は物理の人がああいう「きれいな」研究をして、生物屋が「生物はそんなに単純じゃないですよ」とつっこむというのりだったと思うが、今回は逆だった。僕が「そんなに単純じゃないでしょう」とつっこんでいた。佐野さんが「物理学者が生物やるより、生物学者が物理やる方が早い」と言っていたがそうかもしれない。あと「いつも来ると思わないときにやってくる(セミナーに参加する)」と言われましたが、まあ、それはそれということで。



Posted by tag 21:47 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
モンテカルロ法の新展開3
モンテカルロ法の新展開3のお知らせが流れてくる。この研究会は「2」の時か何かに講演した記憶がある。今回は講演できるのは招待者のみとかいうことで申し込みを断念する。しかし、あの頃からずっと同じ研究なのに我ながら進歩がない。



Posted by tag 16:39 | 書籍・雑誌 | comments (0) | trackback (1)
日本物理学会誌1月号反省
日本物理学会誌の編集委員をやっている。何をしているかは2005年1月号の編集後記を読んでほしい。編集後記を書くとその号の「反省」の担当になり、いろいろ記事の感想を言わないといけないので、赤を入れながら読んでいるのだが、実に読みにくい。「磁気モーメントがいろいろな方向を向くことができる様に計算を拡張した」とか「質量が減少した」とかいう本質的なことをはっきり書かないで専門用語で表記してしまう。もうちょっと、なんとかならないものなのかな、と思ってしまう。



Posted by tag 01:42 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)