Nature 論文:RNAi on C.elegans

ずいぶん前の論文なんだけど、とりあえず、忘れてしまうから書いておこう。RNAiをつかってC.elegansの初期胚発生に不可欠な遺伝子を網羅的に探すという論文が掲載されている(3/22号)。膨大な動画像がオンラインで見られるのがすごい。よくこれだけの動画像を解析して整理したと思う。こういうのはnMDSで自動的に分類、とはいかない。なかなか難しいことだ。(動画の見方:例えばdefect map をクリックすると遺伝子発現の一覧が現れるので、適当にクリックすると遺伝子の一覧が得られる。遺伝子名をクリックすると動画像のあるページに行く。Quick TimeなのでLinuxで見るにはmplayerとかが必要みたい。でも、mplayerはうまく動くときとだめな時があるようだ。)





Posted by tag 21:48 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
研究者環境分析委員会

委員長に来てもらって研究者環境分析委員会の学会誌原稿の校正をする。ずいぶんと長い道のりだったが、とうとう終わるようだ。なお、科研費は通らなかった。全然論文を書いてないのだから仕方ない。





Posted by tag 21:31 | | comments (0) | trackback (0)
特集 2005年度入試結果速報

特集 2005年度入試結果速報というものが公開されている。私大理工系は予想外に健闘しており、ちょっと驚く。それでも、理学系は3.4%減、工学系は6.4%減だから楽観はできないが、当初の予想(理学系6.6%減、工学系7.1%減)に比べると健闘した、ということだろう。
もっとも旧国立大学でも理工系は減少だそうだから、全般的には喜べない。私大理工系は学費が高額だから志願者が少ない、という理由では説明できなくなった。理科離れを助長してしまった政府関係者には猛省を求めたい。理工系の大学の研究者もいろいろ努力しなくてはいけないのは間違いないが、同時に政府もいろいろ考えてもらわないと困る。科学技術立国といいながら、理工系の生涯賃金が非常に低いのが全ての元凶なのだから。
どう考えても「文系」の方が大学卒業は楽である。それで生涯賃金も高かったらどうなるのか?お金や労力だけで全てが決まりはしないだろうが、それでも大きな要因なのは否定できない。大学人の努力だけではなんともしがたいことである。なんとかして欲しい。








Posted by tag 15:35 | 日記 | comments (2) | trackback (0)
部門長賞受賞

今日は大変うれしいことがあった。いっしょに研究している企業の人が「部門長賞」というものを受賞したそうである。彼は、僕といっしょに研究していると言っても、業務とは直接関係ない内容を自分の余暇をつぎこんで研究している。研究成果を僕と発表するときも「会社名は出してはだめ」ということで、大学名で講演していたりした。勿論、会社側は理解があって、僕も直接「部門長」さんにお会いして「○○をよろしく」とか言われたりしているから、業務では無いとは言っても彼が僕と研究することは公認ではあるのだが、それにしても到底、金儲けとは縁もゆかりもなさそうなこんな研究に「部門長賞」をくれるなんて、なんと太っ腹な会社なんだ。感心してしまった。





Posted by tag 16:30 | 研究会 | comments (0) | trackback (0)
Bioinformatics 論文: 時系列部分解析で遺伝子発現度をみる

Bioinformatics誌に遺伝子発現度の時系列データを解析するときには部分列を見た方が良いよ、という論文が掲載されている。言われてみればその通りかも。だんだん、「各論」の論文が増えていく中でもまだまだこんな一般論が掲載されるとちょっとほっとする。



yo







遺伝子発現度の時系列データの解析一般のレビューとしてはこれがあげられている。このレビューは33ページと短いけど、よく書けているな。これがレビューの著者のページ。まだドクターの学生なのか。しかも、目のさめるような美人だし。才色兼備とはこのことだな。このレビューの著者の所属ってSensing, Imaging and Signal Processing Groupなんだよね。要するに、生物学者じゃない。Bioinformaticsに論文を投稿したときに「生物学的な意味は何か」としつこく聞かれて困惑したけど、確かにこういうのりの人が方法だけでどかどか論文書いたら生物学の論文がのっとられちゃうよね。この人は参加しているコンファレンスも全然生物系じゃないし。だけど、The title of my Phd
is "Modelling and Clustering of Gene Expression Time-Series". なんて平気で書いちゃうんだよなあ。これってやっぱり、問題かも。おまえはなんなんだ、と言われそうですが、僕は一応、「生物学」に興味あるつもりなんでいっしょにしないでね。





Posted by tag 16:00 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)