水漏れ

講義から戻ってくると扉にメモが貼り付けてあり、「田口研院生室から水漏れ」とのこと。理論の研究室から水漏れ、というのは変な話だが見に行ってみると冷蔵庫が「霜取り」になっていて融けた氷から出た水が廊下まで溢れている。当然、院生は誰も来ていないから自分で掃除する羽目になった。霜取りはちょっとボタンを押すだけなので誤って押してしまい、そのまま気づかずに帰宅したのだろう。困ったものだ。





Posted by tag 00:20 | | comments (0) | trackback (0)
学術文献出版のあり方

CIBERという組織から学術文献出版のあり方についてのアンケートが送られてきた。こういうのはみんなのところに送られているのだろうか?We are writing to you as someone who has recently published a peer-reviewed articleだそうだから、英語で論文書いている人にはみなこういうアンケートが来る可能性があるのだろう。主旨としては、要するにアクセスフリーのオンラインジャーナルに移行すべきかどうか、ということらしい。現在のアンケートの集計はここ(実はここには僕のIDが明記されていて、 僕がどう答えたかも丸見えなんだが、これ以外にはアクセス方法がなさそうなんで)。しかし、
I publish more than I ought toという質問に

Strongly disagreeと答えた人がダントツで多いというのは笑える。おまえもそう答えてるだろうって?まあ、僕は最近、ろくに論文書いてないから、こう答えても許されるんじゃないかな?だめでしょうか?






Posted by tag 10:14 | 研究会 | comments (0) | trackback (1)
粉粒体の論文(続報)

この論文をエディタの意見に従って改訂して送り返したら、また、丁寧なコメントをもらった。勿論、なおさなくても掲載は決定だが、なおした方がいいんじゃないの?という類のコメントである。NatureのN&Vに記事を書くくらいの大物になったんだからさぞかし忙しいと思うのに、よくこんなある意味「どうでもいい」論文に時間をかけてくれるものだ。本当に偉いやつだ。





Posted by tag 13:39 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
Nature 論文: 一般制限問題の解の存在

Nature 6/9号に、一般制限問題の解の存否が、相転移として扱えて、相転移点が厳密に評価できるという論文が掲載されていた(N&V, 論文本体)。要するに0か1をとる変数がk個あるとして、それらの間の制限(つまり、関係式)がいくつになったら「解がなくなるか」という問題。答えは大体2<sup>k</sup>ln 2くらいだそうである。つまり、とてつもなくたくさん制限条件が無い限り、解はある、ということらしい。普通はもっと条件が厳しいような気もする。
この様なことは本当はnMDSでも考えるべきなんだろう。N個の点をD次元の空間に埋め込むとき、あらかじめ与えられた距離の大小関係に従うように点を埋め込め、という問題である。この場合、N個の点の間の距離はN(N-1)/2個ある。これをある順番で並べるのだから大きさが隣り合った距離同士の大小関係でいいのだから、制限条件はN(N-1)/2しかない。一方、D次元の空間にN個の点なら、変数はND個ある。制限の数はほんのちょっとしかないが、一般にはほとんどの場合「解がない」のがnMDSである。変数の指数関数個制限が無い限り答えがあるというこの論文で扱っている問題に比べると随分と条件が悪い。nMDSはそれだけ難しい問題、ということか?まあ、当該論文を僕が理解してないだけかもしれない。





Posted by tag 10:27 | おすすめサイト | comments (0) | trackback (0)
学会誌編集委員会

今日は物理学会誌の編集委員会であった。長かった任期も8月で終わりなのでちょっとほっとしている。最初はいろいろ大変なこともあったけど、おかげさまで「物理教育担当」の編集委員がいることに違和感を感じないでいただけるところまで来たと思う。僕の後任の方はもっと「まじめに」物理教育に携わっている方にしたいと思っています。よろしくお願いします。





Posted by tag 22:51 | | comments (0) | trackback (0)