物理学会誌編集委員会

今日は物理学会誌の最終編集委員会であった(その後、2時間くらい教育誌の方の編集委員会にも顔出した)。編集委員会で議論されたことは他言無用だそうなのでこんなところには書けないが、物理学会誌も教育誌もいろいろな意味で転機を迎えていると思う。両方の編集委員を兼務する人なんて後にも先にも僕だけだろう(であって欲しい)から、書いておくけど、おなじ物理学会の編集委員会なのに随分と体制も雰囲気も異なるのには驚いた。でも、最後にはみんながなんとなく「同志」と感じるようになるのはおなじだ。どっちも別の意味でいろいろ大変な作業だから。





Posted by tag 22:36 | | comments (0) | trackback (0)
執筆依頼

今度は、日本の某出版社から本を書いてくれという依頼が来た。なんで、僕なんかにこういう依頼がいろいろ来るのだろうか。今回の依頼も内容的には荷が重すぎて気が重い。とりあえず、月曜日に会って相談することに。昨日のBook on Bioinformaticsといい、何か世の中誤っている。





Posted by tag 23:15 | セミナー | comments (0) | trackback (0)
Book on Bioinformatics

昨日、突然



Dear Dr. Lan Juan Zhao



We are in progress of compiling recent  researches on Application of Genomics & Bioinformatics in Plant Biotechnology to be  published by Studium Press, LLC, P. O. Box 722200-Houstan, Texas 77272, USA. Since you have enough exposure on the subject, may I request you to contribute  a chapter  on topic of your interest .



というメイルが流れてくる。一瞬、寄稿してくれ、というメイルなのかと思ったが、そんな依頼が来るような仕事なんてしてないし、大体、書き出しが   Dear Dr. Lan Juan Zhaoなのだから誤配なのだろう。とりあえず、誤配なんですね?という確認メイルは出しておいた。それにしても To:には僕以外にも多数の研究者の電子メイルが書かれていてこれだけの人にDear Dr. Lan Juan Zhaoで始まるメイルを送ってしまったというのも笑えない話だ。どういうミスだったんだろうか?

追伸:さっき、返事が来て「間違いはメイルじゃなくて宛名の方で本当におまえに宛てたメイル」だと。なんでなんだ。俺、Application of Genomics & Bioinformatics in Plant Biotechnologyなんて研究したことないぞ。どんな人違いなんだ?理解不能。これは新手の「商売」なんだろうか?寄稿したら高額のfeeをとられるとか???





Posted by tag 12:04 | | comments (0) | trackback (0)
本当に講義

今日から本当に講義である。これほど気の抜けた講義をするのも久しぶり。夏休みは研究ばっかりしてたからなあ。「教育の合間に細々研究」という昨年までのありようとは様変わり。こんなに気の抜けた講義をするとやっぱり、失敗して酷評されるのだろうか(って、今までだって懸命にやっていたわりには評判が良かったわけではないが).どうなることやら。



講義後に付記:結果からいうと「気を抜いても変わりませんでした」(去年のアンケート今年のアンケート)。やっぱ、いままでが気張りすぎだったか...。





Posted by tag 10:19 | | comments (0) | trackback (0)
中大HP

中央大学のHPが新しくなった。僕の説明もここにある。あまり整合性が無いような気もするし、ちょっと奥に入ると既存のHPへのリンクになったりしていまいちかも。やっぱ中大は地味だね。



後日(9/22)配布された教員向けのサイトリニューアルについての広報文より:「仮に新サイトのデザインを地味であるとお感じでしたら、それは次世代にとってはクール&スタイリッシュに映っていると冷静にご理解ください」とのこと。「地味」という感想は的外れらしい。とほほ。





Posted by tag 13:24 | 日記 | comments (0) | trackback (0)